ANK免疫細胞療法を始めて③

とにかく問題が発生した時に対応してくれる大きな病院の主治医がきまり一安心です。

後輩の医師が言うには化学療法も効果があるうちは継続した方がよいとのことでした。
私もそう思います!

後輩が勧めてくれた化学療法も副作用がなく併用してANK免疫細胞療法を開始しました。
化学療法の前後1週間はANK免疫細胞療法はお休みかつ使用する細胞は通常の1/2量とし
化学療法で失われる細胞を極力最小限で抑えるイメージで治療をしました。

治療期間は通常であれば1週間に2回点滴を12回ですから6週間で1クールの治療が終わりますが
この方の場合、半年近く治療をしました。

これが初診時のCTです。
左肺野に癌があり胸水も少し溜まっています。

%e5%9b%b31

これが治療終了時のCTです。
肺癌が消えているのがおわかりでしょうか?

%e5%9b%b31

この方は現在も家で仕事をしています。
最初の2人がうまくいくと私のANK免疫細胞療法に対する思いも変わってきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です